メニュー

医療機器紹介

超音波診断装置と理学療法機器

こちらは超音波診断装置です。胸腹部臓器の内部構造が鮮明な画像で得られ、X線だけでは診断できない病気の発見が実現できます。
認定医による心臓検査もこちらで行います。

理学療法機器
・半導体レーザー治療器
・赤外線レーザー治療器
・超音波、低周波治療器
慢性関節炎、老齢犬のリハビリテーションに使用します



X線撮影装置と処理装置

これはX線撮影装置と処理装置です。
レントゲンをデジタル処理する装置で従来のフィルムの画像より精密な画像診断が行えます。
また画像の処理が早く、検査後の待ち時間が短くなります。


これはX線撮影装置と処理装置です。
レントゲンをデジタル処理する装置で従来のフィルムの画像より精密な画像診断が行えます。
また画像の処理が早く、検査後の待ち時間が短くなります。

血管シーリングシステム内臓電気手術ステーション

当院で導入している血管シーリングシステム内蔵電気手術ステーションでは、血管のサイズに関係なく、従来のものよりも圧倒的に簡便・迅速に処理することができます。
特に腫瘍の摘出手術においては、この機器の有無により、手術時間が圧倒的に変わってきます。



内視鏡

大型犬から極小犬まで対応できる様に4種類の内視鏡を用意しております。これによって、動物の身体にメスを入れることなく、体内の検査や治療を行うことができます。 

開腹することなく、胃内の誤って食べてしまった異物を取り除いたり、消化管内腔に面した組織を一部採取して、詳しく病理検査をすることもできます。



治療・手術設備

こちらの機器で整形外科手術を行います。



動物達にとって入院は治療のためとはいえとても大きなストレスとなります。
当院ではストレス軽減のため、出来るだけ早期退院を心がけており、在宅医療と組み合わせてフォローアップしていきます。

整形外科用パワーツール

整形外科では、写真のようなドリルを用いて、ピンやプレートで骨折した骨を固定します。

当院では多種多様な大きさの動物にも迅速に対応できるように、様々な種類・サイズの手術用プレート・スクリューを常備しています。



院内設備

  • 全自動血球計算機
  • 血液生化学検査機器
  • CRP(炎症指数)測定機器
  • 閉鎖循環式全身麻酔器
  • 人工呼吸器
  • 麻酔管理モニター
  • 保温機能付き手術台
  • 電気メス
  • 薬浴用バス
  • 歯科用超音波治療器
  • 眼底鏡、耳鏡
  • マイクロナノバブル発生器
  • 半導体レーザー治療器
  • 近赤外線光線治療器
  • 入院室
  • カウンターショック


動物達にとって入院は治療のためとはいえとても大きなストレスとなります。
当院ではストレス軽減のため、出来るだけ早期退院を心がけており、在宅医療と組み合わせてフォローアップしていきます。