メニュー

論文・著書

論文

2018年

  • Histopathological and Electron Microscopic Study in Dogs with Patellar Luxation and Skin Hyperextensibility.

The Journal of Veterinary Medical Science; 80(8): 1309–1316, 2018Kazunori UEDA1*, Tomoyuki KAWAI1, Haruki SENNO2, Atsushi SHIMIZU3/4, Akira ISHIKO4, Masahiko NAGATA51 Yokohama Yamate Dog & Cat Medical Center
2 Department of Cell Biology and Histology, Akita University School of Medicine
3 Shimizu Animal Hospital
4 Department of Dermatology, School of Medicine, Faculty of Medicine, Toho University
5 Synergy Animal General Hospital
* Correspondence to: Ueda, K.

読みたい方はこちら

2013年

  • トイ・プードルの進行性膝蓋骨内外両方性脱臼の3症例

獣医麻酔外科学会雑誌 Vol.44(No3+4):31-36.2013川合智行、上田一徳、桑原正人、河津幸雄、鈴木尊

2011年

  • トイ・プードルに認められた両側膝蓋骨脱臼および骨格形成不全を伴うエーラス・ダンロス症候群の1例

2011年度 日本獣医皮膚科学会 優秀論文賞受賞 獣医臨床皮膚科. 17(2):85-88:2011上田一徳、清水篤、永田雅彦他1

2010年

  • Bioabsorbable device for small-caliber vessel anastomosis.

Microsurgery. 2010 Sep;30(6):494-501.Ueda K, Mukai T, Ichinose S, Koyama Y, Takakuda K

  • Anterior cruciate ligament reconstruction using chitin-coated fabrics in a rabbit model.

Artif Organs. 2010 Jan; 34(1):55-64Kawai T, Yamada T, Yasukawa A, Koyama Y, Muneta T, Takakuda K

2009年

  • Biological fixation of fibrous materials to bone using chitin/chitosan as a bone formation accelerator.

J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2009 Jan; 88(1):264-70.Kawai T, Yamada T, Yasukawa A, Koyama Y, Muneta T, Takakuda K

学会発表

2019年

  • An analysis of the correlation between allergen-specific antibodies and clinical signs aftersubcutaneous immunotherapy with recombinant pullulan-conjugated Derf2 in dogs with atopic dermatitis.

31st European Veterinary Dermatology Congress Co-organized by ESVD-ECVD.K. UEDA*,T. KAWAI*,Y.SUGIYAMA*,A. CHIDOI, D.MINEGISHI and T. TSUKUI* Yokohama Yamate Dog and Cat Medical Center,Yokohama,Kanagawa,Japan
Nippon Zenyaku Kogyo Corporation (Zenoaq),Koriyama,Fukushima,Japan

  • パラシュート様僧帽弁と診断した猫の一例

第110回日本獣医循環器学会荒木隆次(当院)岩永孝治(東京動物心臓病センター)徳留藍(ペテモ動物病院)
井坂光宏(酪農学園大学附属動物医療センター)

  • シクロクポリンによる皮膚炎の薬物有害反応を疑った犬の2例

第22回日本獣医皮膚科学会学術大会総会杉山由貴奈(当院)川合智行(当院)荒木隆次(当院)上田一徳(当院)

  • 診断治療が困難であったシーズー犬の貧血を伴う重度皮膚炎の1例

2019.01.27獣医アトピーアレルギー免疫学会上田一徳(当院)

  • Canine Lymphoma 2cases(犬のリンパ腫2例)

2019.1,26 Dr. Petra Bizikoba & Dr. Keith Linder Case study meeting./症例検討会Kazunori Ueda/上田一徳(当院)

2018年

  • 顆粒細胞質変化を伴う十二指腸平滑筋肉腫の犬の1症例

第18回日本獣医がん学会川合智行(当院)上田一徳(当院)一ノ瀬翔(当院)荒木隆次(当院)
杉山由貴奈(当院)石森美緒(難波動物病理検査ラボ)
難波裕之(難波動物病理検査ラボ)道下正貴(日本獣医生命科学大学獣医病理学研究室)

  • Grade2の膝蓋骨内方脱臼における発症時期の違いによる滑車溝深度の比較

第27回中部小動物臨床研究発表会川合智行(当院)上田一徳(当院)荒木隆次(当院)杉山由貴奈(当院)
枝村一弥(日本大学獣医外科学研究室)

  • ループ利尿薬耐性が生じ低用量ヒドロクロロサイアザイドを使用した心不全犬15例における回顧的研究

第109回日本獣医循環器学会荒木隆次(当院)岩永孝治(東京動物心臓病センター)徳留藍(ペテモ動物病院)
井坂光宏(酪農学園大学附属動物医療センター)

  • 僧帽弁前尖の収縮期前方運動が認められた犬の9例

第108回日本獣医循環器学会荒木隆次(当院)岩永孝治(東京動物心臓病センター)徳留藍(ペテモ動物病院)
井坂光宏(酪農学園大学附属動物医療センター)

  • 猫喘息の減感作療法とIgEの変化

2018.1.26 獣医アトピーアレルギー免疫学会上田一徳(当院)川合智行(当院)一ノ瀬翔(当院)荒木隆次(当院)杉山由貴奈(当院)

  • Establishment of a canine myeloma cell line producing lgE

2018年欧州皮膚科学会K. MASUDA*1, K. FUJIKAKE*1, A. TANAKA*, A. KUMAGAI*1, K. TORIHAMA*1, Y. SUGIYAMA*2, T. KAWAI*2, and K. UEDA*2*1 Animal Allergy Clinical Loboratories,ink, Sagamihara,Kanagawa,Japan
*2 Yokohama Yamate Dog & Cat Medical Center,Yokohama,Kanagawa,Japan

2017年

  • Grade2の膝蓋骨内方脱臼における発症時期の違いによる滑車溝深度の比較

第95回日本獣医麻酔外科学会川合智行(当院)上田一徳(当院)一ノ瀬翔(当院)荒木隆次(当院)杉山由貴奈(当院)
枝村一弥(日本大学獣医外科学研究室)

  • 人医療と獣医療における膝蓋骨脱臼整復方法の比較

第60回比較統合医療学会川合智行(当院)上田一徳(当院)安川明男(西荻動物病院)

  • 先天性僧帽弁閉鎖不全症と診断した一例

第107回日本獣医循環器学会荒木隆次(当院)上田一徳(当院)一ノ瀬翔(当院)杉山由貴奈(当院)川合智行(当院)
岩永孝治(東京動物心臓病センター)

  • 第3度房室ブロックにシロスタゾールが著効した犬の一例

JAHA年次大会東京ミーティング内症例検討会荒木隆次(当院)上田一徳(当院)一ノ瀬翔(当院)川合智行(当院)
岩永孝治(東京動物心臓病センター)

  • Serum canine thymus and activation-regulated chemokine (TARC /CCL17) levels in dogs with canine atopic dermatitis.

2017.11.11 AMAMS (Asian Meeting of Animal Medical Specialties)/韓国大邱にて開催Kazunori UEDA*1, Yuri OSHIMA*2, Masahiro KATOH *3, Masutaka FURUE*4, Sadatoshi MAEDA*5, ToshihiroTSUKUI*3, Masahiko NAGATA*2*1 Yokohama Yamate Dog & Cat Medical Center, Kanagawa, Japan
*2 Synergy Animal General Hospital Dermatology Service, Saitama, Japan
*3 Animal Life Science Laboratory, Nippon Zenyaku Kogyo Co., Ltd., Fukushima, Japan
*4 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan
*5 Department of Veterinary Medicine, Faculty of Applied Biological Sciences, Gifu University, Gifu, Japan

  • 症例検討会

2017.8.7 Dr.Thierry Olivry を交えてKazunori UEDA(当院)

2016年

  • 開放性下顎骨骨折整復後の歯肉欠損部に脂肪由来間葉系幹細胞の局所投与を行った1症例

第11回日本獣医再生医療学会川合智行(当院)一ノ瀬翔(当院)上田一徳(当院)

2015年

  • 犬の慢性外耳炎に対するTris-EDTA耳道洗浄剤の効果

第18回日本獣医皮膚科学会上田一徳(当院)川合智行(当院)

  • 膝蓋骨内方脱臼の外科的整復例における滑車溝形成術の臨床効果に関する検証

第90回獣医麻酔外科学会川合智行(当院)上田一徳(当院)河津幸雄(長者町動物病院)
枝村一弥(日本大学獣医外科学研究室)

  • 犬猫に対する胎盤抽出物プラセンタによる治療効果と限界点の再検証

第55回日本伝統獣医学会(ポスター発表)上田一徳(当院)川合智行(当院)

2014年

  • 皮下肥満細胞腫により生じたと考えたFlushingのマルチーズの1例

第17回日本獣医皮膚科学会(ポスター発表)上田一徳(当院)川合智行(当院)河津幸雄(長者町動物病院)
堀英也(辻堂犬猫病院)永田雅彦(ASC皮膚科)

  • 若齢の膝蓋骨内外方脱臼に対して支帯強化術を行った柴犬の1例

第88回獣医麻酔外科学会川合智行(当院)上田一徳(当院)総山祥子(当院)河津幸雄(長者町動物病院)
鈴木尊(長者町動物病院)

  • 犬猫に対する胎盤抽出物プラセンタによる治療効果と限界点の再検証(学会賞受賞)

第53回日本伝統獣医学会上田一徳(当院)川合智行(当院)総山祥子(当院)安川明男(西荻動物病院)

  • アレルギーマーチ様症状を呈した犬の3症例

獣医アトピーアレルギー免疫学会上田一徳(当院)桑原正人(日本大学獣医学部獣医放射線学研究室)
総山祥子(当院)川合智行(当院)

  • 外傷性膝蓋骨内方脱臼に対して外側膝蓋大腿靱帯再建術を行ったボーダーコリーの1症例

第89回獣医麻酔外科学会川合智行(当院)上田一徳(当院)伊藤泰毅(キャミック城南)河津幸雄(長者町動物病院)
鈴木尊(長者町動物病院)

2013年

  • トイプードルの進行性膝蓋内外両方性脱臼の整復を行った3症例と組織学的検討

第86回獣医麻酔外科学会川合智行(当院)上田一徳(当院)桑原正人(日本大学獣医学部獣医放射線学研究室)
河津幸雄(長者町動物病院)鈴木尊(長者町動物病院)

  • 長期ステロイド治療を必要としなかった若齢犬のステロイド反応性髄膜炎/動脈炎の2例

第153回日本獣医学会上田一徳(当院)川合智行(当院)中村敬(なかむら獣医科)河津幸雄(長者町動物病院)
安川明男(西荻動物病院)

  • Histopathological and electron microscopic study for the skin and knee joint supporting tissue in dogs with skin hyperextension and patellar luxation

AMAMS 2013 The 3rd Congress will be held within 3rd AMAMS (The 3rd Asian Meeting of Animal Medicine Specialties 2013) in Bogor,Indonesia on December 13-16 at IPB International Convention Center./第3回アジア獣医皮膚科学会(インドネシア)Kazunori Ueda*1, Tomoyuki Kawai*1, Masato Kuwabara*2, Takashi Suzuki*3, Masahiko Nagata*4*1 Megumi Animal Hospital, Kanagawa, Japan
*2 Nihon University, Kanagawa, Japan
*3 Choujamachi animal Hospital, Kanagawa, Japan
*4 Animal Specialist Center, Tokyo, Japan

2012年

  • ステロイド反応性髄膜炎/動脈炎と診断し治療した若齢ビーグルの1例

第42回日本比較医療学会上田一徳(当院)川合智行(当院)河津幸雄(長者町動物病院)
安川明男(西荻動物病院)

商業誌

2019年

  • 「感染症科診療パーフェクトガイド」学窓社

2019年9月26日第1刷上田一徳 23章 呼吸器・胸腔 P364~382
川合智行 31章 運動器 P498~507

  • 認定医、専門医に聞く!皮膚科疾患 私たちはこう治療する/皮膚感染症

Small Animal Dermatology 3月号特集上田一徳

  • 皮膚科でエマージェンシー/リンパ腫

Small Animal Dermatology 1月号特集上田一徳

2018年

  • シクロスポリンによる薬疹を疑った顔面の皮膚炎を呈した犬の1例

VIP Vol.10上田一徳

2016年

  • 発作の管理に苦慮した難治性の特発性てんかんの1例

SAC ; 180:11-13.2016川合智行

2014年

  • 皮膚バリア機能障害の犬猫に対するEFA スキンコントロールシャンプー/コンディショナー の効果

Small Animal Dermatology ; 6:88-94 2014上田一徳 川合智行

  • 難治性てんかん様発作のトイ・プードルに脂質代謝改善治療を行った1例

MVM ; 145:21-13.2014川合智行

  • 下垂体性副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)を疑ったキャバリア犬に脂質代謝改善治療を実施した1例

MVM ; 145:17-20.2014上田一徳

2013年

  • 犬猫に対するプラセンタの有効性

MPアグロ ジャーナル 2013年1月号上田一徳 川合智行

2010年

  • 猫に多い疾患 ~整形外科編~

MVM ; 117:6-9 2010川合智行ほか

  • マラセブによる薬浴療法により治療効果が得られたマラセチア属およびブドウ球菌属が関与する犬の皮膚感染症の3症例

Small animal dermatology. ;1(4):286-291 2010上田一徳 川合智行ほか